0

私の心は夏模様

今週は夏の終わりを感じさせる肌寒い一週間でしたね。週末からまた暑さが戻ってくるようで、我が子たちは「やっと水風船で遊べる!」とサンサンとした日々を心待ちにしています。

P1930472.jpg

クラスでは夏祭りをテーマにしました。寒い中、多くのお友達が浴衣や甚兵衛で参加してくれました。なんちゃってヨーヨー釣りで風船をゲット。ドレミの音階を使って沢山のアクティビティをしました。

P1940682

クラスの大目玉はリサ先生の魅力ある「炭坑節」と「少年時代」。教室中に響く、聴いたことのない声にみんなが魅了されていました。驚いたことに「炭坑節」を踊ったことのない保護者の方が非常に多かったです!時代でしょうか。私はおばあちゃん子だったので、夏になると彼女の歌声に合わせ踊りながら散歩したものでした。クラスでは日本の伝統行事、風習も音楽に交えて紹介しています。『お、これ何か知っている!!』を目標に、子供たちが様々な経験を出来るよう頑張りたいと思います。

0

2019年、ターム1始まりました!

P1910902.jpg

みなさま、2019年健やかにスタートしましたか?Rie’s Music Worldも沢山の笑い声と共に元気よくスタートを切ることが出来ました。

新しいお友達、新しい楽器、新しいアイデア、沢山の『新しい』が詰まった新学期。キラキラとした特別な時間ですね。私が1番好きな『新しい』は、よりパワーアップして帰ってきてくれたお友達のもの。以前より自信がつき、美しい歌声が出せるようになっていたり、音階をしっかりと覚えてきてくれていたり。お家での毎日の積み重ねがみられ、とっても嬉しいスタートとなりました。クラスで音楽の種を植え、ご家庭でお水をたっぷりやる、そんなシステムが出来ていることを実感できる最高のスタートとなりました。

 

0

2018年クラス終了

暑い気候が苦手な私、「あつい~~。。。」と外に出るのも躊躇ってしまいます。昨日グダグダと娘のお迎えに学校まで行くと、いるわいるわグダグダの子供たち。そんな時、1人のママが子供に向かって「そんなに暑くない。」とクールに一言。怒鳴るわけでもなく、イライラした様子もなく、ほんとサラっと。本当にかっこよかった!私もそのポリシーでいこうとまた1つ学ばせてもらえました。今はつい「あ(つい~~~~~~)」と言いそうになるたびに、そのママの声が聞こえてきます。

水曜日のミュージッククラスをもちまして、2018年Rie’s Music World無事に終了致しました。今年も沢山のお友達、保護者の方、そしてゲストの先生たちと共にクラスを作り上げることが出来とても感謝しています。来年はついに3年目!より進化したクラスを是非楽しみにしていてください♪ 2018年、素敵な年をありがとうございました。ホリデー中2018年度のクラス内容や保護者の方の声等紹介いたします。

私は一足先に、ホリデーで日本へ!もうワクワクしすぎて寝てくれない娘と全く気にしていない息子、そして仕事終わりを指折り数えている夫皆で2週間楽しんでこようと思います。皆様も充実したホリデーをお過ごしください!

0

学校訪問

どこへ行っても楽しく、香り高い季節になりましたね。娘が夢にまで見ていた12月も目前!11月頭から毎日毎日12月1日をカウントダウン。次はきっとクリスマスまでカウントダウン。。。毎日楽しそうで何よりです。今週はそんな娘の学校へお邪魔してきました♪

 

日本でいうと幼稚園年長さんのみんな、ヴァイオリンとファゴットに興味津々。1曲目を演奏し終えた時の子供達の表情が忘れられません。ビックリしすぎてどうしていいのかわからない、そんな空気が教室中に広がっていました。Rie’s Music Worldでは毎週演奏をしているため、みんな楽器の音や演奏会というスタイルに慣れっこ。私自身、子供達のそういった姿勢が当たり前になりつつありました。手の届く距離で演奏する、そして直接話をする事の意味、学校訪問は大切なことをもう一度きちんと考えるチャンスをくれました。

今週の演奏曲目

アストル・ピアソラ作曲(1921~1992)チキリン・デ・バチン

ヨハン・シュトラウス2世作曲(1825~1899)春の声

ヨハネス・ブラームス作曲(1833~1897)ハンガリー舞曲

 

0

音楽と歯磨き♪

お昼は晴天、夜は雨というなんとも嬉しいお天気。そんな今日は歯科衛生士のかえ先生、ハーピストの侑子先生を迎えたスペシャルクラスを行いました。メルボルンでは質問する機会のない歯の事、確認したかった歯磨きの事、何でもかえ先生に聞いてみました。そして驚くことにハープと共にする歯磨きは想像をはるかに超えてスムーズ!みんな歯磨きが好きなのか、ハープの音に夢中で逃げ回りそびれたのか。日本の歯医者さんがハープの音楽をよくBGMとしてかける意味がリラックス効果以外にもあるのかも、っとクラス中考えていました。かえ先生、侑子先生、ありがとうございました!

11月19日 ヘンデル作曲(1685~1759)「オンブラ・マイ・フ」

11月21日 ボザ作曲(1905~1991) 「シチリアーノ」