Teachers

Rie Mochizuki

Rie-sensei

神奈川県生まれ。6歳よりピアノをはじめ、中学校の吹奏楽部に入部し運命の楽器ファゴットと出会う。大好きなファゴットを学ぶべく国立音楽大学附属音楽高等学校へ入学。その後東京芸術大学で演奏家となるべく研鑚を積む。卒業後、ダニエル・マツカワ(フィラデルフィア管弦楽団首席ファゴット奏者)からの師事を得るためフィラデルフィアへ単身渡米。桐朋オーケストラ・アカデミーへ研修生として所属するため日本へ帰国。2010年結婚を機に、オーストラリアへ移住する。今までに新日本フィルハーモニー交響楽団やメルボルンシンフォニーオーケストラ等にてファゴット奏者とし演奏し久石譲や小澤征爾とも共演する。プロの演奏家として活動するほか、子供のための演奏会を幼稚園や自宅にて多く行う。自らの教育・演奏活動、また子供の脳と音楽の関係の研究で得たもの、何より音楽のたのしさを子供たちに伝えたいとRie’s Music Worldを始める。中学校教諭一種免許状(音楽)、高等学校教諭一種免許状(音楽)取得。2017年リトミック知育インストラクターとして認定される。2児の母。Working with Children Check in Victoria取得。

 

Risa Kodani

Risa-sensei

田舎で生まれ育ち、祖母の民謡や詩吟を聴きながら音楽に慣れ親しむ。4歳からピアノを始め、2005年大阪音楽大学声楽科を卒業。2006年大阪梅田のジャズクラブ(Jazz on top)のヴォーカルオーディションに合格し小谷梨紗としてライブデビュー。同年メルボルンへ渡り、敬愛するジャネットサイデルの個人レッスンを受けるなどジャズボーカルを積極的に学ぶ。帰国後、大阪、岡山を拠点にライブ活動を行い研鑚を積む。2012年メルボルンへ移住。一児の母となった現在も引き続き、日本とメルボルンでライブ活動を続けている。日本へ帰国時は自身のコンサートを開催。また保育園、幼稚での訪問演奏なども積極的に行っている。

 

Patrick Wong 

Patrick-sensei

Patrick Wong has been a member of the Melbourne Symphony Orchestra’s Second Violin section since 2010. Patrick was born in Hong Kong and moved to Sydney a year later because he couldn’t speak Chinese. He began playing the violin at the age of four, studying mainly with Yasuki Nakamura, Alex Todicescu and Peter Zhang. After high school he continued to study privately with Professor Zhang while he completed a double Computer Science/Music degree at the University of New South Wales, and won the Kendall National Violin Competition in 2000.

After two years working in IT he decided he would give violin another try and began a Masters of Performance at the Sydney Conservatorium of Music, studying with Goetz Richter. After completing this degree he successfully auditioned for a tutti position with the Australian Opera and Ballet Orchestra, where he remained for five years before joining the MSO.